【創世記/天地創造】1人でも「我々」とはこれいかに?【研究者Uの聖書講座】

こんにちは、はてはてマンボウです。

研究者Uさんの聖書講座のシリーズです!

 


 

 

 


 

こんにちは。

ユダヤ教の聖書解釈を専門にしている「研究者U」です。

 

今回は、ヘブライ語聖書(いわゆる「旧約聖書」)の最初の書である、

「創世記」の「天地創造」

について見ていきましょう。

 

7日間の天地創造と「1週間」の起源

天地創造

ティントレット『天地創造』

(アカデミア美術館、ヴェネツィア)

 

さて、「創世記」は、神による天地創造のシーンから始まります。

 

神が毎日、いろいろなものを創造していくわけですね。

 

まずは、聖書に何が書かれているのか見ていきましょう。

 

《神が創造したものリスト》

  • 1日目:光、闇
  • 2日目:空(天)
  • 3日目:地、海、植物
  • 4日目:太陽、月、星
  • 5日目:水中の生きもの、鳥
  • 6日目:陸上の生きもの、人間
  • 7日目:※何も作らず、お休み

 

ひょいひょいと、いろんなものを作っています。

さっすが、神マボねえ。

 

「1週間=7日」の起源は聖書?

この神の一連の7日間の営みが、

 

「一週間=7日間」

「7日目は休み」

 

という現代の習慣につながっているとも言えます。

 

もっとも、聖書それ自体も、

「1週間=7日間」

というカレンダーを、周辺の文化から借りてきた、とも言われています。

聖書の「7日間」にも、更なる元ネタがある、というわけですねえ。
というわけで、聖書自体が「1週間=7日」の完全なるオリジナルではないのですが、

とはいえ、現代の1週間のサイクルに、聖書が大きな影響を与えた

というわけですね。

 

天地創造の「おや?」となるシーン

「我々」ということは……神は1人じゃない?

さて、この7日間の中で、

「人間が創造されるシーンには何と書かれているか」

に注目してみましょう。

神は言われた。
我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。
そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」
新共同訳〈創世記1:26》
(2021年10月21日 閲覧)

 

この辺の話は聞いたことあるマボよ。

 

こうして、人間が生まれたマボねえ。

ここで注目したいのが、

神が口にしている「我々」という言葉なんです。

 

この「一人称複数形」の言葉に注目してください。

はて。

それがどうかしたマボか。

日本の神々やギリシャ・ローマ神話のような、

たくさんの神々が現れる話とは異なり、

 

聖書では、神は唯一無二の存在というのが大前提なんです。

 

なので、ユダヤ教やキリスト教は、

「一神教」

とも呼ばれます。

 

なのに、神が「我々」と言ってしまうと……。

神が複数いることになっちゃうマボよ、はて~!

 

ミケランジェロ『天地創造』

(システィーナ礼拝堂、ヴァチカン)

 

ユダヤ教やキリスト教は一神教なので、神が唯一無二なのは間違いないです。

 

そこで、この「我々」という表現については、

「我々」というのは「神と天使たち」であり、

「神と天使たちが相談して人間を作ったから、『我々』と言ったんだ」

と解釈する人もいます。

 

何が正解というものでもありませんが、さまざまな解釈が生まれていくわけですね。

単語1つでも、解釈が必要になることがあるマボねえ。

 

「水」はいつできた?

こんな感じで、聖書というのは、いろいろと解釈の余地がある書物なんです。

 

「天地創造」のシーンには、ほかにも「おや?」となるところがあります。

冒頭の描写に戻ってみましょう。

 

  • 地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた
  • 神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。
新共同訳〈創世記1:1-1:3》
(2021年10月21日 閲覧)
聖書冒頭の、

初めに、神は天地を創造された

という表現は、

「神は『天地』を創造したんだけど、これからその内容を説明しますね」

ぐらいに、これからの出来事を先にまとめてお知らせしていると見なすのが、一般的な理解です。

 

ここでは、神はまだ何も創造していない状態ですので、

最初に「光あれ」と、神は光を創造するんですが、

「光あれ」の前に、「神の霊が水面で動いている」と書かれていますね。

 

……水、いつの間に創造されたんでしょう?

は、はて~?
聖書内の、こんな「おや?」となるシーンに対して、

研究者の間で、いろいろな解釈が生まれていくわけですね。

 

一神教という画期的な発明

ヒエロニムス・ボス『快楽の園』※扉部分

(プラド美術館、マドリード)

聖書の不思議シーンを紹介するばかりもなんなので、

ここからは、聖書の画期的な側面にも触れていきましょう。

 

先ほども言及した「一神教」という考え、

そして、ヘブライ語聖書の神が「創造神」であるというのは、

実は斬新な発想だったんです。

はて、そんな驚くようなことなんですか?
例えば、日本では、

「八百万(やおよろず)の神々」

と言いますよね。

 

「太陽の神」「月の神」といったように、

自然界の偉大なモノが「神」と見なされるうちに、

「多神教」が生まれるわけです。

 

そんな多神教を信じている人たちに、

あなたたちが信仰しているこの世の構成物はぜーんぶ、うちの神が作ったんです

というスタンスをとれるのが、ヘブライ語聖書の神だ、というわけですね。

なるほどお。

全知全能の創造神」って、いまでこそ、当たり前の考えですが、

実はすごい発想だったんですねえ!

 

まとめ

  • 「創世記」の7日間の描写が、現代の1週間のサイクルに影響を与えた
  • 一神教なのに、神が「我々」と言うなど、聖書には解釈が必要となるシーンがある
  • 「多神教」に対し、「創造神」としての唯一無二の神がいる「一神教」は画期的な発想だった

 

研究者Uさんの、「聖書」に関する専門講義の続きはこちらをチェックまぼ!

 

みんなでシェアしてくれ~はってはて~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。