【天使】“悪魔“と“神の使い“╿西洋絵画の翼を持つ者たち②

こんにちは、はてはてマンボウです。

 

今回は、「西洋絵画の翼を持つ人たち」

 

シリーズ第2弾です。

 


 

西洋絵画の翼を持つ人たち ①キューピッドってなんですか

前回までの記事を確認したい人は、こっちをチェックしてくれ~。

 


 

キューピッドがギリシャ神話の愛の神で、ヴィーナスの子ども、

 

って話でしたかね、まぼ。

では今回は、

 

「天使とはいったいなんなのか」

 

を見ていこう。

梓

 

「神の使い」としての天使

レオナルド・ダ・ヴィンチとアンドレア・デル・ヴェロッキオ

『受胎告知』

(ウフィツィ美術館、フィレンツェ)

 

たとえば、

 

『受胎告知』

 

のシーン。

 

これは、聖母マリアが神の子イエスを受胎したことを、天使ガブリエルが伝えに来たシーンだ。

梓
なるほどぉ。

 

まさに、お告げを伝えに来た

 

「メッセンジャー」

 

というわけですね。

そのとおり。

 

天使というのは、

 

ユダヤ教、

 

キリスト教、

 

イスラム教

 

における神の使いのこと。

 

神様のメッセージを人間へ伝えにやってくるのが天使だ。The messengers of God.

梓

 

中世にほぼ完成されたキリスト教の天使論によると、

天使はまず創造主である神によって創造された。

 

……そして彼らの主なはたらきは「神の御使い」すなわち神と人間との仲介をはたすことである。

 

利倉隆(1999)

天使の美術と物語―カラー版

(美術出版社)

元の意味はいずれも「使者、伝令」で、

神に代わって「告知」や「制裁」や「守護」を行い、

時に神自身の神秘的な擬人像ともなります。

つまり、聖書において、神と人との間を取り持つ天使は、神の意志が明らかとなる場面に登場します。

 

平松洋(2015)

「天使」の名画』

(青幻舎)

 

悪魔と対比される

聖書の世界の悪魔と、天使はしばしばこれに対比される。
梓

 


 

 

西洋絵画の悪魔的な世界 ①聖書の中の悪魔たち

「悪魔」について見ている記事は、こっちマボよ~。

 


 

あくまで「聖書」の中に出てくるのが、悪魔であり、天使、というわけマボねえ。

 

あらっぽい戦闘シーンも!?

レンブラント・ファン・レイン

『天使と格闘するヤコブ』

(ベルリン国立絵画館、ベルリン)

 

は、はて!

 

天使と取っ組み合いのケンカを!

『天使と格闘するヤコブ』

 

はヘブライ語聖書(旧約聖書)のワンシーン。

 

ヤコブのもとに突然やってきた天使が、ヤコブと格闘する。

 

これに勝利し神の試練を乗り越えたヤコブは部族を導いていく。

 

彼はユダヤ人の先祖でもあるんだ。

梓
神の使いとして、試練を与えることもあるんですねえ。

 

まとめ

  • 天使は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教における「神の使い」
  • ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の神さまは全て同じ!
  • 神の使いとして人間に試練を与えることもある

 

関連記事

 

「西洋絵画の翼を持つ人たち」のシリーズをまとめてます。みんな、チェックしてくれ~。

 

  1. キューピッドってなんですか

  2. 天使ってなんですか

  3. 天津とキューピッドの違いってなんですか

  4. 天使の種類ってなんですか

 

 

参考文献

  • 利倉隆(1999)『天使の美術と物語―カラー版』(美術出版社)
  • 平松洋(2015)『「天使」の名画』(青幻舎)

みんなでシェアしてくれ~はってはて~