【キューピッド】神話に出てくる矢を持ったアレの正体╿西洋絵画の翼を持つ者たち①

こんにちは、はてはてマンボウです。

 

今回は

 

西洋絵画のあのキャラクター

 

について教えてもらえるんだとか。

 

ウィリアム・ブグロー

『濡れたクピド』(個人蔵)

ウィリアム・ブグロー

『アムールとプシュケー、子供たち』

(個人蔵)

ムリーリョ

『無原罪の御宿り』

(プラド美術館、マドリード)

あらあら、かわいい天使ちゃんたち。

癒されるわねえ。

ところでマンボウちゃんは、

天使とキューピッドの違い、

はわかるかな。

梓
はて、そういえば。

この違いを探っていくために、

まず、キューピッドについて説明しよう。

梓

ヴィーナスとセットで現れるキューピッド

ヴィーナスっているよね。
梓

 


ボッティチェリ

『ヴィーナスの誕生』

(ウフィツィ美術館、フィレンツェ)

ヴィーナスぐらい知っているまぼよ、

 

美の女神まぼねえ、うっしっし。

あのヴィーナスの子どもがキューピッド
梓
はて! そうだったんですか。

 

ボッティチェリ

『プリマヴェーラ』

(ウフィツィ美術館、フィレンツェ)

 

ボッティチェリの有名な『春』。

 

中央にいるのがヴィーナスだけど、

 

その真上にキューピッドがいる。

 

ヴィーナスとキューピッドはしばしばセットで現れるんだ。

梓
そりゃあ、知りませんでした、まぼ。

 

アレクサンドル・カバネル

『ヴィーナスの誕生』

(オルセー美術館、パリ)

 

キューピッドはヴィーナスの子ども。

 

キューピッドといえばヴィーナス。

 

だから、キューピッドはヴィーナスのアトリビュートともいえる、

梓
アトリビュートってなんですか。
登場人物を表す象徴みたいなものだよ。
梓

 


 

 

 


 

「エロス」「アモル」「クピド」……キューピッドの別名たち

 

ウィリアム・ブグロー

『エロスから身を守る少女』

(J・ポール・ゲティ美術館、ロサンゼルス)

 

ウィリアム・ブグロー

『プシュケとアモル』

(ルーヴル美術館、パリ)

 

エロスだとかアモルだとかタイトルに書いてありますけど、

 

これ、全部、キューピッドに見えますよ。

 

何が違うんですか、はて。

何も違わないよ。

 

全部、キューピッド。

梓
はて!
キューピッドの歴史は、ギリシャ神話までさかのぼる。

 

ギリシャ神話で「エロス」と呼ばれていた恋心を司る神がいた。

ギリシャ文化がローマに流れてくると、

 

やがて「エロス」はローマの地元の愛の神である「アモル」や「クピド」と同一視されるようになった。

 

ちなみに、「キューピッド」はラテン語「クピド」の英語読み

梓

 

〔ギリシャ〕「エロス」と呼ばれる神

〔ローマ〕ギリシャ文化がローマに流れてくると地元の「アモル」「クピド」と同一視される。

ラテン語の「クピド(Cupido)」が英語で「キューピッド(Cupid)」と呼ばれるように。

 


いろんな別名があるけれど、どれも同じキューピッドというわけですねえ。

 

弓矢の物語

パルミジャニーノ

『弓矢を作るキューピッド』

(美術史美術館、ウィーン)

 

さて、ご存じのとおり、

 

キューピッドといえば恋心を抱かせる弓矢だ。

 

ギリシャ神話に出てくるエピソードをいくつか紹介するよ。

梓

 

ウィリアム・ブグロー

『プシュケとアモル』

(ルーヴル美術館、パリ)

 

プシュケとアモルですか、はて。

アモル=キューピッドでしたよね。

プシュケというのは?

 

キューピッドにキスされている女性ですか?

そのとおり。
梓

王の三人娘の末妹プシュケーは最も美しく、美の女神ヴィーナスを差し置いて領民に崇められていた。

ヴィーナスはそれを恨み、

息子のキューピッドに、

プシュケーが最も醜い男と恋に陥るように命じて派遣するが、

当のキューピッドがプシュケーを愛してしまう。

 

井出洋一郎(2010)

ギリシア神話の名画はなぜこんなに面白いのか

(中経出版)

自慢の矢でプシュケーに恋煩いをさせようとしたキューピッドだったんだけど、

 

誤って自分の指を矢で傷つけてしまう。

 

こうして、

 

キューピッド自身がプシュケーに恋してしまう

 

ようになった。

梓
へえ、いたずらばっかりしているイメージでしたけど、

 

自分に刺しちゃうなんて、

 

うっかりさんまぼねえ。

 

親近感感じちゃうわねえ、はて。

 

まとめ

  • キューピッドはヴィーナスの子ども! 絵画でもセットで現れることが多い。
  • ギリシャ神話で「エロス」と呼ばれていた神が、やがて「アモル」「クピド」と同一視された。

 

関連記事

 

西洋絵画の翼を持つ人たち」のシリーズをまとめてます。みんな、チェックしてくれ~。

 

  1. キューピッドってなんですか

  2. 天使ってなんですか

  3. 天津とキューピッドの違いってなんですか

  4. 天使の種類ってなんですか

 

 

参考文献

  • 井出洋一郎(2010)『ギリシア神話の名画はなぜこんなに面白いのか』(中経出版)
  • 平松洋(2015)『「天使」の名画』(青幻舎)
  • 松村一男 監修(2011)『図解 ギリシア神話 歴史がおもしろいシリーズ』(西東社)

ギリシア神話の名画はなぜこんなに面白いのか 美術館めぐりが楽しくなる (中経の文庫) [ 井出洋一郎 ]

価格:743円
(2020/4/12 07:53時点)

みんなでシェアしてくれ~はってはて~