【出エジプト記/モーセ】③ エジプトの「魔術師」との対決【研究者Uの聖書講座】

こんにちは、はてはてマンボウです。

研究者Uさんの聖書講座のシリーズです!

 


 

【出エジプト記/モーセ】② 「燃える柴」とモーセの口答え【研究者Uの聖書講座】

 

前回までの記事はこちらをチェックしてくれ~

 


 

こんにちは。

ユダヤ教の聖書解釈を専門にしている「研究者U」です。

 

今回は、ヘブライ語聖書(いわゆる「旧約聖書」)の「出エジプト記」における、

 

「エジプトの魔術師たちとの対決」

 

を中心に見ていきましょう。

 

モーセとアロン、余計なことをする

ファラオを訪れるも……

『ファラオの前のモーセ』

(『パリのシリア語聖書(Syriac Bible of Paris)』中の細密画より)

 

さて、モーセは兄のアロンとともに、

イスラエルの民をエジプトから解放するべく、ファラオのもとを訪れます

「イスラエルの民を救え!」という神の命令に対し、

モーセは口応えしまくりつつも

しぶしぶ、エジプトに戻ったんでしたね。

しかし、モーセとアロンのファラオの説得はうまくいきません。

 

 

 

 

 

 

新共同訳〈出エジプト記5:1-5:5》
一般財団法人日本聖書協会HPより
(2022年3月18日 閲覧)

 

ファラオは、

「馬鹿なこと言ってないで、さっさと働け!」

って感じマボねえ。

 

まあ、ファラオも元々、イスラエルの民が増えてきて反乱するのを恐れて、強制労働させていたわけですしねえ。

 

急に、当のヘブライ人が2人現れてごちゃごちゃ言ったところで、

通じないのもしょうがないマボ……。

 

イスラエルの民はかえって苦しくなる

却下されるだけならまだしも、

怒ったファラオは、なんとイスラエルの民の労働条件をますます厳しいものとしてしまいました

 

イスラエルの民を助けに来たはずのモーセとアロンは、

かえって、イスラエルの民から抗議されるはめになります

 

 

 

 

新共同訳〈出エジプト記5:21-5:23》
一般財団法人日本聖書協会HPより
(2022年3月18日 閲覧)

 

逆効果になってしまったマボねえ、とほほ……。

 

そして例によって、丁寧な口調で神に文句を言うモーセ……。

 

エジプトの魔術師たちとの対決

ユリウス・シュノル・フォン・カロルスフェルト『蛇へと変わるアロンの杖』

 

さて、その後、神の後押しも受けて、モーセとアロンは再び、ファラオのもとへ向かいました。

 

彼は、神からもらった「蛇に変わる杖」を持ち出します。

「蛇に変わる杖」ですって~?
かっちょぶ~マボねえ。これぞ文字どおり、神対応

これで、ファラオもびびってイチコロまぼよ、おらおら~。

ところが、そうそう都合よくは話は進みません。
はて?

 

 

 

新共同訳〈出エジプト記7:10-7:11》
一般財団法人日本聖書協会HPより
(2022年3月18日 閲覧)

 

だ、誰マボか、この魔術師たちは……。

 

「杖を蛇に変えるなんて、神の奇跡マボよ!」

と思ってたのに、あっさり同じことされちゃったマボ……。

こんな人たちがいるなんて、聞いてないマボよ。

 

ファラオの呼び出した食わせ物の魔術師たちを前に、

モーセとアロンのファラオへの挑戦は、この後どうなってしまうのか。

 

この続きについては、次回の記事で見ていきましょう。

 

まとめ

  • モーセとアロンはイスラエルの民の解放をファラオに訴えるも、ファラオの怒りを買ってしまい、イスラエルの民の労働はかえって重たくなる。
  • 再びファラオの前に来たモーセとアロンは、杖を蛇に変えるも、エジプトの魔術師たちも同じことをしたため、ファラオの心は頑なになる。

 

研究者Uさんの、「聖書」に関する専門講義の続きはこちらをチェックまぼ!

みんなでシェアしてくれ~はってはて~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。