【メトロポリタン美術館】フェルメール/カラヴァッジョ/…│有名作品を一挙に回遊!

こんにちは、はてはてマンボウです。

今回のテーマは、2021年終わりから2022年の5月末まで開催された、

 

「メトロポリタン美術館展」です。

 

 

1870年に創立されたアメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館は、

先史時代から現代まで、5000 年以上にわたる世界各地の文化遺産を包括的に所蔵しています。

 

本展では、同館を構成する17部門のうち、

ヨーロッパ絵画部門に属する約2500点の所蔵品から、

選りすぐられた珠玉の名画65 点(うち46 点は日本初公開)を展覧します。

 

15 世紀の初期ルネサンスの絵画から19世紀のポスト印象派まで、

西洋絵画の500 年の歴史を彩った巨匠たちの傑作が、一挙来日します。

フラ・アンジェリコ、ラファエロ、クラーナハ、ティツィアーノ、エル・グレコから、

カラヴァッジョ、ジョルジュ・ド・ラ・トゥール、レンブラント、 フェルメール、

ルーベンス、ベラスケス、プッサン、ヴァトー、ブーシェ、

そしてゴヤ、ターナー、クールベ、マネ、モネ、ルノワール、ドガ、ゴーギャン、ゴッホ、セザンヌまで、

時代順に3章構成でご紹介します。

 

メトロポリタン美術館が誇る至高の名画を、ぜひご堪能ください。

 

大阪市立美術館「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」より

(2021年12月23日閲覧)

 

※大阪市立美術館では、2021年11月13日(土)~2022年1月16日(日)公開

国立新美術館では、2022年2月9日(水)~2022年5月30日(月)公開

メトロポリタン美術館は、世界三大美術館の1つに挙げられる、超有名な美術館。

今回の展覧会は、有名画家たちの作品を一挙に楽しむチャンスだね。

 

そこで今回は、

『メトロポリタン美術館展』の概要」を通して、

美術史の概要も併せて見ていこう。「

梓
そりゃ、楽しみね~、はってはて♪

 

展覧会は3章構成

展覧会は、

 

  1. 信仰とルネサンス
  2. 絶対主義と啓蒙主義の時代
  3. 革命と人々のための芸術

 

の3章構成になっているよ。「

梓
なんだか、かっちょぶーなタイトルが並んでいるマボねえ。

でも、それぞれ、どんな時代マボか?

それぞれの章に、どんな芸術様式の作品が並んでいるかを概観すると……
梓

 

  • Ⅰ.信仰とルネサンス

〇時代:15世紀~17世紀初頭

〇様式:ルネサンス⇒マニエリスム

 

  • Ⅱ.絶対主義と啓蒙主義の時代

〇時代:17世紀~18世紀末

〇様式:バロック⇒ロココ

 

  • Ⅲ.革命と人々のための芸術

〇時代:19世紀初頭~20世紀初頭

〇様式:新古典主義⇒ロマン主義⇒写実主義⇒自然主義⇒印象派⇒ポスト印象派

 

こうやって見てみると、時代ごとにいろんな芸術様式があるマボねえ。

最後の方は、急に様式がコロコロ変わってますマボけど。

時代が進むにつれ、

社会の価値観の変化が速くなったのに合わせて、

芸術の様式の変化も多様化していった、

という感じかな。

 

さて、ここからは、各章の作品をダイジェストで見ていくことにしよう。

梓

 

Ⅰ.信仰とルネサンス

展覧会の第1章では、

イタリアで芸術が花開いた「ルネサンス」時代の作品でスタートするよ。

 

このときには、絵画のお題は「キリスト教」、つまり「信仰」が中心にあった

加えて、ルネサンス時代の人々が理想とした「ギリシャ・ローマ時代」の神話の物語も、画題として好まれたんだ。

梓

 

【初期ルネサンス】フラ・アンジェリコ『キリストの磔刑』

 

フラ・アンジェリコは初期ルネサンスを代表するイタリアの画家だ。

 

ルネサンスまで、絵画というのはだいたいヘタウマみたいな絵ばっかりなんだけど、

この時代になると、だんだんと「人間らしさ」が見られるようになってくる。

梓
この頃は、絵画の背景は金ぴか一色のことも多いマボよねえ。

オラついてるマボよ~。

偉い人の頭の後ろには「光輪」がピカピカ光ってるから、誰が聖人なのかも、一目でわかるわねえ。

 

【盛期ルネサンス】ティツィアーノ・ヴェチェッリオ『ヴィーナスとアドニス』

 

16世紀半ばに差し掛かると、ルネサンスは最盛期を迎える。

メディチ家が支配するフィレンツェ

そして、ローマ教皇が芸術家たちをパトロンとしたローマで、

多くの画家が活躍した。

梓
たしか、ダ・ヴィンチとか、

ラファエロとか、

ミケランジェロなんかも、

この時代に、フィレンツェやローマで活躍してるマボよねえ。

そんな中、東方貿易で隆盛を誇ったヴェネツィアでも芸術は盛んになった。

ティツィアーノは「ヴェネツィア派」を代表する一人。

流れるような奔放な筆さばきや、

暗い色調でも有名だね。

梓
聖書の絵画のほかにも、

ギリシャ・ローマ神話の絵画をたくさん描いてますよねえ。

 

【マニエリスム】エル・グレコ『羊飼いの礼拝』

 

「人間らしさ」に立ち返り、技巧を極めていったルネサンスだったけど、

 

芸術家たちは、偉大な先人の技巧(マニエラ)の模倣を繰り返すようになっていく。

 

そのせいか、むしろ人間らしさから離れ、極端に尖った作風が増え始める。

梓
それで、「マエニリスム」、というわけマボねえ。
エル・グレコは、マニエリスムを代表する画家の一人。

縦長のキャンバスに痩せた身体の人や、

鮮やかな色使い、

そして、下書きのように荒っぽいタッチが特徴的だ。

梓
これだけ尖っていたら、

「あ、エル・グレコだ」

わかるから、

見る側としては楽でいいわねえ

 

Ⅱ.絶対主義と啓蒙主義の時代

展覧会の第2章では、

ルネサンスから、次の時代へと移り変わっていく。

 

絶対主義、すなわち君主が強い力を握るこの時代、

ヨーロッパではフランスが国力を伸ばしていくと、

芸術の中心も、やがてイタリアからフランスへと移り変わっていくんだ。

梓

 

【バロック/イタリア】カラヴァッジョ『音楽家たち』

 

今回の展覧会の「顔」にもなっているのが、

カラヴァッジョの『音楽家たち』だ。

梓
なんだか、艶っぽい男の子ねえ。

アンニュイな顔してるマボよお。

カラヴァッジョの作品には、これぐらいの年齢の、少年がよく描かれているよ。

 

また、この絵画にはその特徴はあまり見られないけれど、カラヴァッジョといえば、

暗闇と光の陰影の対比で、ドラマティックな表現の絵画を描いたことでも有名だ。

 

これは、彼が生きた時代の、バロック様式の特徴でもあるね。

梓

 

【バロック/フランドル】ヨハネス・フェルメール『信仰の寓意』

 

カラヴァッジョの活躍したイタリアから北西へと離れたオランダでも、バロック芸術は隆盛していた。

ただし、オランダでは、市民階級に受けの良い作品が好まれた

そんな中、教養溢れる市民たちにウケるような「寓意画」を多く描いたのが、フェルメールだ。

梓
地球儀を踏みつける女の人……

なんだか、この人、はてついてませんかねえ。

「はて顔」のような、はてはて……。

この『信仰の寓意』には、

「キリストの磔刑像」
「つぶれた蛇」
「リンゴ」

など、さまざまな「隠喩」の隠れたモチーフが並んでいるね。

梓
このブログでも、以前、

フェルメールの特徴をまとめた記事の中で『信仰の寓意』を取り上げたので、

モチーフに隠れた意味が気になる人はそちらをチェックまぼよ!

 

 

【ロココ】フランソワ・ブーシェ『ヴィーナスの化粧』

 

はて、これも「ヴィーナス」ですか。

さっきのルネサンス時代に見た、ティツィアーノのヴィーナスとずいぶん雰囲気が違うマボねえ。

この「ヴィーナス」を描いた、フランソワ・ブーシェは、ロココ様式を代表する画家だ。

劇的でメリハリの利いた画風が好まれたバロック時代とは打って変わり、

ロココの時代になると、優美で繊細な印象の絵画が増えていった。

梓
いかにも、おフランス、といった感じの絵ザマス、マボねえ。

Ⅲ.革命と人々のための芸術

展覧会の第3章では、

バロック、ロココと来て、さらに次の時代へ。

 

フランス革命や産業革命を経て市民生活や価値観の変動が起きると、

 

次から次へと、新しい様式が生まれるようになっていくんだ。

梓

 

【新古典主義】ジャン=レオン・ジェローム『ピュグマリオンとガラテア』

 

これまでのバロックやロココは装飾的に過ぎたと反省したフランス絵画アカデミーを中心に、

そんな軽薄な最近の流行よりも、

古典、すなわち「ルネサンス」があこがれた「ギリシャ・ローマ時代」に立ち返れ!

といった運動が始まる。

梓
それで、「新」古典主義、というわけマボねえ。
このジャン=レオン・ジェロームもまた、新古典主義を唱えていたフランスのアカデミック美術に影響を受けた一人だ。

 

題材となっている『ピグマリオン』は、

ギリシャ・ローマ時代の神話を集めた、オヴィディウスの『返信物語』

に収録されている物語の1つだよ。

梓
ここでもやっぱり、ギリシャ・ローマ時代への憧れに絡んだ画題になっている、というわけマボねえ。

 

 

【印象派】アルフレッド・シスレー『ヴィルヌーヴ=ラ=ガレンヌの橋』

 

おかたい荘厳な「新古典主義」というアカデミーの権威に対し、

同時代の激しさを描こうとした「ロマン主義」や、

人々のありのままの生活を描こうとした「写実主義」「自然主義」

といった、新しい絵画様式が生まれ始めていた。

 

そんな潮流の中、さらなる異端児として生まれたのが「印象派」なんだ。

梓
いまでこそ、優雅な風景画ねえと思っている印象派マボけど、

まさか、そんな反逆児みたいな背景からやってきていたとは……。

シスレーは、印象派の中でもとりわけ、パリ周辺の風景を描き続けた人物。

この『ヴィルヌーヴ=ラ=ガレンヌの橋』は、

夏のにおいを思い起こさせるような、

空と川と穏やかな光の美しさを感じさせてくれるね。

梓

 

【印象派】エドガー・ドガ『踊り子たち、ピンクと緑』

 

最後に紹介するのは、同じく印象派の画家、エドガー・ドガだ。。
梓
この人も印象派マボか?

たしかに、タッチはそれっぽいマボけど……。

さっきのシスレーの鮮やかな風景画とは、ちょっと雰囲気が違うマボねえ。

たしかに、ドガはその画風から印象派に分類されることが多い。

加えて、彼のもう1つの大きな特徴が、「バレエ」の、それも楽屋のような舞台裏の様子を扱った主題が多い、ということ。

梓
印象派という異端児の中に、ドガというさらなる異端児が生まれていく……。

芸術様式は、19世紀になって、どんどん変化するようになっていたマボねえ。

 

関連記事

各時代の概要

そこそこわかる西洋絵画の歴史と見方」のシリーズをまとめてます。みんな、チェックしてくれ~。

 

  1. 古代、ロマネスク、ゴシック

  2. ルネサンス、マニエリスム、バロック

  3. ロココ、新古典主義、ロマン主義

  4. 写実主義、印象派、象徴主義

 

 

バロック:カラヴァッジョ、フェルメール

 

バロックを代表する画家、カラヴァッジョやフェルメールに関する記事をまとめてます。みんな、チェックしてくれ~。

 

 

みんなでシェアしてくれ~はってはて~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。