【カラヴァッジョ/バロック】② レンブラント/フェルメール を生んだその足跡

こんにちは、はてはてマンボウです。

 

今回は、カラヴァッジョを通してバロックの世界を見ています。


 

 

 


 

さて、今回はカラヴァッジョの手掛けた静物画とリアリズム、

 

そしてカラヴァッジョの影響を受けた画家たちを見ていくよ。

梓

 

静物画とヴァニタス

カラヴァッジョ『果物籠』

(アンブロジアーナ絵画館、ミラノ)

 

バロックの時代は、ルネサンス期には聖書やギリシャ神話といった『歴史画』が中心だったところへ、

 

『静物画』というジャンルが市民権を得た時代でもある。

梓
こんなところにも、ルネサンスとの違いが現れているマボね!

 

ヨーロッパでは近代に至るまで、

伝統的に価値の低い絵画ジャンルとみなされていた静物画であるが、

イタリアではとくにそうしたジャンル別のヒエラルキーがはっきりしており、

ルネサンス以降、このように独立したかたちで描かれることは稀であった

 

……同時代人の記録によれば、画家は

「静物を描くのは人物を描くのと同じ価値がある」

と宣言してはばからなかったという。

 

卓越した明暗画法により、あたかもそこに存在するがごとく生き生きと描かれた果物は、

北方の写実精神とともに、彼の宗教画にも共通して見られる、

光のドラマティックな効果を発揮している。

他方、虫に食われた果肉や枯れ葉の描写は、

束の間の快楽がもつはかなさ(ヴァニタス)という寓意をもわれわれにひそかに教えているのである。

 

大塚国際美術館編(1998)

『西洋絵画300選』

(有光出版)

はて、ヴァニタスとは。
これまで、何度か見てきているよ。
梓

 


 

過去の「ヴァニタス」に関する記事は、こちらをチェックしてくれ~。

 


 

静物画やヴァニタスといえば、バロックの時代、オランダやベルギーを中心とするフランドル地方で流行した主題だけど、

 

カラヴァッジョもまた『果物籠』を中心に多くの静物画を描いているよ。

梓

 

聖と俗の交じり合うリアリズム

カラヴァッジョ『聖マタイの召命』

(サン・ルイジ・デイ・フランチェージ教会、ローマ)

 

光と影のコントラストはこれまで見てきたとおりカラヴァッジョの特徴だったね。
梓
窓の奥から差し込んできた光が、指先と相まって、

 

なんだかじゃじゃーんと劇的な雰囲気があるマボねえ。

さてこのシーン、

聖書の世界を描いているわりに、

椅子に座っている登場人物たちはどうも西暦0年代のようには見えない。

カラヴァッジョの生きていたときと同時代の服を着ているのは、一種の風俗画のようでもある。

梓
たしかに。戦国時代の人が洋服来てたら、変な感じがするはずマボ。
この聖と俗の入り混じる不思議なリアリズムが、カラヴァッジョの特徴でもあるんだ。
梓

 

カラヴァッジョの影響とそのフォロワー

バロックの巨匠たち

レンブラント『夜警』

(アムステルダム国立美術館、アムステルダム)

 

フェルメール『真珠の耳飾りの少女』

(マウリッツハイス美術館、デン・ハーグ)

 

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『聖ヨセフ』

(ルーヴル美術館、パリ)

 

バロックを代表する画家たちの絵画を並べてみたが、どうだろう。

 

ルネサンスとの連続性よりも、カラヴァッジョとの関係性が感じられないかな。

梓
たしかに、暗闇を意識している絵画が描かれているマボねえ。

 

カラヴァッジェスキ

ヘラルト・ファン・ホントホルスト 『取り持ち女』

(ユトレヒト中央博物館、ユトレヒト)

 

はて、これはカラヴァッジョの作品じゃないマボか。似てるマボけど。
これは、カラヴァッジョ風の作風を書いたフォロワーである

 

「カラヴァッジェスキ」

 

と呼ばれる画家たちの一人の作品だ。

イタリアをはじめヨーロッパのいたるところにカラヴァッジェスキはいたんだけど、

中でもオランダでからローマを訪れた留学生たちは、カラヴァッジョの作品の影響を受け

 

「ユトレヒト・カラヴァッジョ派」

 

と呼ばれたんだ

梓

 

ディルク・ファン・バビューレン『取り持ち女』

(ボストン美術館、ボストン)

 

ファン・バビューレンもまた、ユトレヒト・カラヴァッジョ派の中心人物だ。

 

小さくまとまった町であるユトレヒトにこれだけのムーブメントが沸き起こったんだね。

梓

カラヴァッジョ『女占い師』

(ルーヴル美術館、パリ)

 

たしかに、なーんか雰囲気が似ているわねえ。
風俗画を描くときの、すっきりとシンプルな背景やその色使いなんかはもろにカラヴァッジョの影響だね。

影響という意味では、先に紹介した巨匠たちもある意味「カラヴァッジェスキ」と言える。

梓
バロックの世界に多くの影響を与えた人だったんですねえ。

 

まとめ

  • 聖書やギリシャ・ローマ神話の歴史がから離れた静物画や風俗画といったジャンルも描く
  • カラヴァッジョの同時代の服装を歴史画で表し、聖と俗の入り混じるリアリズムを描いた
  • バロック時代の多くの巨匠へ影響を与えるとともに、カラヴァッジェスキと呼ばれるフォロワーを、ユトレヒトをはじめとした各地に生んだ

 

参考資料

  • 大塚国際美術館編(1998)『西洋絵画300選』(有光出版)

みんなでシェアしてくれ~はってはて~