【聖ゲオルギウス】竜殺しの伝説と聖ジョージ・クロス

こんにちは、はてはてマンボウです。

 

今回は

 

キリスト教の有名な聖人

 

について、教えてもらえるんだとか。

今回紹介するのは、

 

竜退治の騎士聖人、

 

聖ゲオルギウスだ。

梓
はて!

 

なんだか勇ましい人ねえ。

 

さっそく教えてください、はってはて♪

 

竜退治の伝説を持つ、イングランドの守護聖人!

モロー

『聖ゲオルギウスと竜』

(ナショナル・ギャラリー、ロンドン)

 

ゲオルギウスは、

 

4世紀のキリスト教の戦士

 

として知られている。

 

キリスト教徒を迫害したローマ皇帝・ディオクレティアヌスの時代に殉教した。

そんな彼を最も有名にしたのは、

 

ある竜退治の伝説

 

なんだ。

梓

 

1匹の龍があちこち徘徊しては毒気を吹きかけて人々を脅していた。

彼らは1日に2頭の羊を供することで龍をなだめていたが、

恐怖がつのると代わって人身御供を出すようになった。

 

くじが王の娘に当たったとき、姫は気高く運命を受け入れ、花嫁の装いをして龍のところにおもむいた。

そこへゲオルギウスが割って入り、槍で龍をつき刺した。

 

……ゲオルギウスは、もし町の人々がキリストに仕えるなら今後は安全だと保証した。

彼らはそれに同意して洗礼を受け、ゲオルギウスは龍を殺した。

 

マルコム・デイ、神保のぞみ訳(2006)

『図説 キリスト教聖人文化事典』

(原書房)

図説キリスト教聖人文化事典 [ マルコム・デイ ]

価格:2,530円
(2020/3/26 22:38時点)

 

ひょええ、かっちょいいわねえ、はてはて。
ちなみに彼は

 

イングランドの守護聖人

 

でもある。

梓

イングランド?

 

はて、何か聖ゲオルギウスを思い起こすようなことはあったかしらねえ、はて……

それは、後のお楽しみ。
梓

 

代表的な絵画

ウッチェロ

『聖ゲオルギウスと竜』

(ナショナル・ギャラリー、ロンドン)

 

ラファエロ

『竜を仕留める聖ゲオルギウス』

(ルーブル美術館、パリ)

 

ティントレット

『聖ゲオルギウス』

(ナショナル・ギャラリー、ロンドン)

 

いろんな作家が描いているんですねえ。
ロンドンのナショナル・ギャラリーに多くの作品が貯蔵されているね。

 

イングランドの守護聖人の面目躍如だ。

梓

 

「ジョージ」に「ジョルジュ」それから「イジ―」?……いろんな国の「ゲオルギウス」

 

聖ゲオルギウスは世界中のいろいろな町の守護聖人になっているし、

 

彼へ捧げられた教会もたくさんある。

 

たとえば、

 

チェコの首都プラハの聖イジー教会

梓

 

 

あっ、竜を槍で退治している馬上の騎士が。

しかし、どうして

 

「聖イジー教会」

 

って言うんですか。

 

地名かしら、はて。

「イジー」というのは、

 

チェコの言葉で「ゲオルギウス」を指す。

梓
は、はてはて! なんですと~。

 

いろんな「ゲオルギウス」

  • 英語:ジョージ George
  • ドイツ語:ゲオルク Georg、ユルゲン Jürgen
  • フランス語:ジョルジュ Georges
  • イタリア語:ジョルジョ Giorgio
  • スペイン語:ホルヘ Jorge
  • カタルーニャ語※:ジョルディ Jordi ※スペインの方言

 

どうして、こんなにいろいろ変わっちゃうんでしょうか、はて。

 

スペイン語だと、ほ、「ホルヘ」

 

……まぼ。

古代はGとJの音が曖昧だったんだろうね。

ちなみに、東欧のチェコでは「イジー Jiří」。

 

ドイツ語の「ユルゲン」と比べると、少しずつ変化しているのがなんとなーくわかるんじゃないかな。

梓

 

イングランドの守護聖人

ところで、

 

聖ゲオルギウスとイングランドの関係

 

って、いったい何だったんですか、まぼ。

 

 

この白地に赤十字は、

 

聖ゲオルギウスの血に由来する、

 

通称「聖ゲオルギウス十字」

梓

 

 

 

 

 

 

 

あ、これってイギリスの国旗の一部ですね!
白地に赤十字はイングランドの国旗だね。

 

サッカーのワールドカップで見かけることもあるんじゃないかな。

 

そしてこの聖ゲオルギウス十字、

 

英語では

 

「セント・ジョージ・クロス」

 

と言うんだ。

梓
イングランドの国旗には、守護聖人のジョージが隠れていたんですねえ……

 

まとめ

  • 聖ゲオルギウスは竜退治の伝説を持つキリスト教の騎士!
  • 世界中で信仰されていて、有名な絵画も多数。
  • イングランドの守護聖人で、セント・ジョージ・クロスの由来にもなった。

 

絵画展で竜退治の絵を見つけたときや、

 

いろんなゲオルギウスさんの名前を見かけるとき、

 

なんだか楽しくなりそうねえ、はってはて♪

 

参考文献

  • マルコム・デイ、神保のぞみ訳(2006)『図説 キリスト教聖人文化事典』(原書房)

 

図説キリスト教聖人文化事典 [ マルコム・デイ ]

価格:2,530円
(2020/3/26 22:38時点)

みんなでシェアしてくれ~はってはて~