【世界遺産/東照宮】① 400年の歴史が刻まれた「日光東照宮」の建築美

こんにちは、はてはてマンボウです。

 

今回は栃木の日光東照宮について教えてもらいます……

 

って、そもそも何の場所まぼか。

東照宮は

 

徳川家康を祀っているところだよ。

 

さあ、今回は東照宮のさまざまな建築物を見ていこう。

梓

 

正式名称は「東照宮」

 

さて建築物を見ていく前に……

 

東照宮の正式名称に『日光』はつかない

 

って、マンボウちゃん、知ってた?

梓
はて。

 

日光東照宮なんじゃ…。

日光以外にある場合は『上野東照宮』という具合に、地名をつけて強調する。

 

だけど、東照宮といえばオリジナルは日光にある。

 

本来は、わざわざ『日光東照宮』という必要はない。

梓
まぼ。
これは『伊勢神宮』も同じだね。

 

『神宮』といえば伊勢の神宮のことを指すから、わざわざ『伊勢』をつける必要はない。

 

神宮が正式名称

梓
はて、そういえばそんな話もあったような。

 


 

 

神社とお寺の違い① はて神社とは その1:神さまと拝み方

神社については、こちらでも説明してるまぼよ~

 


 

神になった家康公! 東照大権現と徳川家康

 

そういえば、ところどころ、こんな文字を見たような。

 

ええと、東照……

東照大権現(とうしょうだいごんげん)

 

は、徳川家康の神号だ。

梓
はて、神号
死後、神になったってこと。
梓
はて! そんな簡単に。

 

月岡芳年

『皇国二十四功 贈正一位菅原道真公』

 

北野天満宮

(京都)

 

もともと日本では古来から、死後、人間を神としてまつる風習があった。

 

菅原道真だって、天満宮で祀られているでしょ。

梓
たしかに

 

世界遺産・東照宮の建築美!

日光の社寺』が世界遺産に登録されたのは1999年。

 

東照宮、

 

二荒山神社、

 

輪王寺の

 

二社一寺で構成されている。

梓

 

五重塔

五重塔

 

東照宮の建築物は、この極彩色で有名だね。

 

安土桃山時代に花開いた鮮やかな色彩美

 

が受け継がれている。

梓
ひゃあ、五重塔ですねえ。

 

いきなりあざやかな建築物がお出迎えです。

小浜藩の酒井忠勝が寄進した。

 

ちなみに、この建物の耐震システムは東京スカイツリーにも応用されているんだとか

梓
はてはて!

400年後の建築技術に応用されるとは……

 

さすが地震大国から生まれた建物ですねえ。/word_balloon]

表門、三神庫、手水舎

表門

 

梓
さあ、表門を抜けるよ。

 

三神庫(さんじんこ)

 

三神庫は、東照宮の祭器類を収蔵している。

 

奈良の正倉院を模した校倉造(あぜくらづくり)だ。

梓

 

手水舎(てみずしゃ)

 

さあ、手水舎で身を清めよう。
梓
梓
は、はて。この豪華な建物が、手水舎とは。

 

鐘楼、鼓楼

 

手水舎横の鳥居を通り過ぎる。

 

鳥居の奥にある2つの建築物があるのがわかるかな。

梓

 

 

梓
右が鐘楼(しょうろう)、

左が鼓楼(ころう)。

はて。
鐘楼は鐘を吊り下げるためのもの。

鼓楼は太鼓を置くためのもの。

どちらも、時報として使われることが多いね。

梓

 

陽明門、唐門、拝殿、本殿

 

この回廊の向こうが、

 

有名な陽明門(ようめいもん)ですね。

 

 

日本を代表する最も美しい門で、宮中正門の名をいただいたと伝えられています。

いつまで見ていても見飽きないところから「日暮の門」ともよばれ、

故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など500以上の彫刻がほどこされています

 

日光東照宮ホームページ|社殿の概要」より

 

唐門(からもん)

 

さて、唐門を抜けると拝殿と本殿だ。
梓

 

 

 

本殿を抜けると、建物を見下ろせるんですねえ。

 

奥社

さあ、このまま林道を奥へ進むと、奥社(おくしゃ)だ。
梓

 

奥社

 

奥社には徳川家康の墓所がある。
梓

 

 

あんなに華やいだ建物の数々を抜けた先は、とても静かで落ち着いた場所なんですねえ。

 

まとめ

  • 正式名称は「東照宮」
  • 「東照大権現」は家康を神として祀るための神号
  • 500以上の彫刻がほどこされた陽明門など、絢爛豪華な建物がずらり
  • 家康はその先の林の奥でひっそりと眠っている

 

関連記事

「日光東照宮」

 

の記事をまとめてます。

 

みんな、チェックしてくれ~。

 

 

 

 

基本情報

☆日光東照宮 ≫公式HP

〒321-1431 栃木県日光市山内2301

≫GoogleMapで開く

 

参考文献

  • 『Pen+【完全保存版】ニッポンの世界遺産。』(CCCメディアハウス)(2017-12-29)
  • 須田慎太郎(2015)『日光東照宮400年式年大祭記念 日光東照宮』(集英社インターナショナル)

みんなでシェアしてくれ~はってはて~