【スコットランド国立美術館】エル・グレコ/ベラスケス…│the greatsを回遊!

こんにちは、はてはてマンボウです。

今回のテーマは、2022年に開催される、

 

「スコットランド国立美術館展」です。

 

 

スコットランド国立美術館は、上質で幅広い、世界でも指折りの西洋絵画コレクションを有する美の殿堂です。

 

1859年の開館以来、

購入や地元名士たちの寄贈や寄託などによってコレクションの拡充を続け、

世界最高峰の美術館の一つとなりました。

 

本展は、そのようなスコットランドが誇る至宝の中から、

ラファエロ、エル・グレコ、ベラスケス、レンブラント、ブーシェ、スーラ、ルノワールなど、

ルネサンス期から19世紀後半までの西洋絵画史を彩る巨匠たちの作品を展示します。

 

さらに、同館を特徴づけるゲインズバラ、レノルズ、ターナー、ミレイといったイングランド出身の画家に加え、

日本ではなかなか見ることのできないレイバーン、ラムジー、グラントなどスコットランド出身の代表的な画家たちの名品も多数出品。

 

油彩画・水彩画・素描約90点を通じ、西洋美術の流れとともに、

ヨーロッパ大陸と英国との文化交流から、英国美術がはぐくまれた様子を紹介する機会にもなることでしょう。

 

美術史に輝く巨匠たち(THE GREATS)の競演をお楽しみください。

 

「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」より

(2022年6月25日閲覧)

 

※東京都美術館では、2022年4月22日(金)~7月3日(日)公開

神戸市立博物館では、2022年7月16日(土)~ 9月25日(日)公開

北九州市立美術館では、2022年10月4日(火)~11月20日(日)公開

 

スコットランド国立美術館は、エディンバラの中心地にあり、世界屈指の作品が集まる美術館。

 

今回は、「スコットランド国立美術館展」で展示されている名品をピックアップしていくよ。

梓
展覧会で印象に残った絵画を見ていきますよ~、はってはて♪

 

 

祝福するキリスト(世界の救い主)

エル・グレコ『祝福するキリスト(世界の救い主)』

 

青白い肌に、すらりと伸びたプロポーションの人物といえば、エル・グレコ。
梓
この人の絵は、すぐわかりますねえ。
ちなみに、この赤いローブに青いマントの組合せの服で、ひげの生えた痩せ気味の男性が出てきたら、西洋絵画ではまあ「イエス・キリスト」だと思っていい。
梓

 

世界を祝福しているのに、うっすら涙を浮かべているようにも見えます。

 

なぜなのでしょう……みなさんは、どう思われますか?

卵を料理する老婆

ディエゴ・ベラスケス『卵を料理する老婆』

 

「画家の中の画家」と謳われるベラスケスの、19歳頃の作品だ。
梓
台所で料理している様子を描く、スペイン独特のスタイル……

「ボデゴン」でしたっけ?

以前の記事でも出てきましたねえ

 

 

この辺の陶器の質感、マンボウちゃんのお気に入りマボ。
ナイフに立体感を与えてくれるナイフの影だけでも、いつまでもじっと見つめていられる気分になれるね、
梓

アン・エミリー・ソフィア・グラント、(ウィリアム・マーカム夫人)

フランシス・グラント『アン・エミリー・ソフィア・グラント、(ウィリアム・マーカム夫人)』

 

フランシス・グラントが、結婚直前の愛娘を描いたその作品。

グラント本人が亡くなる最後まで、手元に置いていたそうだよ。

梓
美しい娘さんですねえ。

 

 

片方だけ外した手袋の質感と、露になった白い手が、黒い服の中で目を引きますね。

 

 

そして、細い足!

 

さて、絵画の中でも、特に肖像画というのは、その背景を自由に選べるはずだよね。

結婚の門出を迎える愛娘を美しい姿で保存しようと描いた作品の背景が、スコットランドの厳しい寒さだったのはなぜだろうか。

寂しい風景だからこそ、娘の美しさが際立つのだろうか。

あるいは、彼らが育った原風景そのものを残しておこうとしたのだろうか。

想像すると楽しい。

梓

古来比類なき甘美な瞳

ジョン・エヴァレット=ミレイ『古来比類なき甘美な瞳』

 

『オフィーリア』で有名なミレイですねえ。

本当、かわいい女の子を描きますよねえ。

 

※参考:ジョン・エヴァレット=ミレイ『オフィーリア』

(テート・ブリテン、ロンドン)

 

ミレイの描く女の子はいつも、どこかおどろおどろしい背景やシチュエーションの中にいるよね。

「どこか暗い」
と言っても、さっきの、フランシス・グラントの厳しい寒さとは全く違う。

梓

 

スコットランド国立美術館の内部

水彩に目を奪われる

アーサー・エルウェル・モファット『スコットランド国立美術館の内部』

 

最後に紹介するのは、今回のテーマにふさわしい『スコットランド国立美術館の内部』だ。
梓
ほーん、スコットランド国立美術館の内部ってこんな感じになってるわけマボねえ。
驚かされるのは、この絵が水彩画だということ。
梓
なんと!

 

たしかに、この辺の質感は水彩画かしら、はて……。

 

 

でも、絵の中心にある大理石の質感……これを水彩画でも表現できるなんて、はてはて。

生で見ると、もっと驚きが感じられるかもしれませんねえ。

 

直線と三次元

さて、マンボウちゃん。

この絵を観たら、最初にどこへ目がいったかな?

梓
目、ですか。はて……。

 

中央の彫像と、これを隣でデッサンしているご婦人、ですかねえ。

すると、二次元的な横の広がりがそこにはある。

しかし、この大理石を中心に「奥行き」を感じてほしいんだ。

梓

 

大理石が右奥から続いています!

天上のアーチも相まって、途端に奥行きが感じられました!

中央の大理石の左手前には絨毯も敷かれているのがわかる。

さて、今度は、これにクロスするような、もう一つの直線を感じてほしいんだけど……。

梓

 

今度は、右手前の円柱から、

中央の彫像→デッサンする女性①→デッサンする女性②

床の台→中央の彫像→左奥の胸像

と、2つの直線が伸びているようです!

 

 

改めて、元の絵をっと……。

最初は、中央の彫像とご婦人で、「平面っぽい感じ」と思ったのに、不思議ねえ。

 

 

みんなでシェアしてくれ~はってはて~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。